サイト移転に伴い一部不具合が生じています。見かけましたらページ下部のフォームよりご報告ください。
スポンサーリンク

【詳説】ちゃおガール2019☆オーディション ファイナリストと各賞

7月28日、イオンモール常滑で開催されたちゃおサマーツアー(愛知会場)にて、「ちゃおガール2019☆オーディション」のファイナリスト10名が掲示された。ファイナリストは、一次選考を通過し、ちゃお7月号に掲載される中間発表に残った60名の内から選抜された。

 受賞者が決定。詳細は以下の記事を参照。

 ここでは、各賞について解説を行ったうえで、新設賞についての考察も行う。また、ファイナリストについて、紹介文の文字起こしをし、過去に活動歴があれば、合わせて記載したい。
 
 

ciao2019final

スポンサーリンク

各賞について

 上記画像10名の内から、グランプリ1名、準グランプリ2名、チェキ賞1名と、スマイル賞6名が決定する。また、今回からは、おはスタ賞(1名)と、ちゃおモ(中間合格者から数名)が新設される。ファイナリスト10名に対して計算が合わないが、同一人物がおはスタ賞とスマイル賞など2冠を受賞するのか、詳細は不明。

グランプリ

 グランプリを受賞した場合、アミューズへの所属を前提として、ちゃおガール就任と、ちゃおスマイルズへの加入が確定する。

準グランプリ・チェキ賞

 準グランプリや、審査員特別賞にあたるチェキ賞受賞の場合も、アミューズへの所属や、ちゃお誌面に登場、ないしちゃおスマイルズに加入する可能性が大いにある。

おはスタ賞は「おはスタレギュラー」に

 今回新設されたおはスタ賞を受賞すると、「おはスタでレギュラーに」なれる。おはガールになれるとはいっていないため、この「レギュラー」が何を示しているのかは今の時点で断定はできない。なお、毎月ちゃお発売頃にちゃおガールがおはスタに出演している。現在ちゃおとおはスタの関係として挙げられるのはこれぐらいであるが、「レギュラー」とは、この枠であるとも考えられる。

おはスタ賞=おはガールは考え難いか

 もちろん、レギュラーの意味内容がおはガールである可能性はゼロではない。しかし、現在のおはガールが各曜日に割り当てられた5人体制であり、それも全員がgirls2のメンバーであることから、ここに、他所から1人追加されるとは考え難い。また、現おはガールは、就任して半年も経っておらず、交代があるとも考え難い。これらを踏まえると「レギュラー=おはガール」とするのは難しいのではないかと思う。

ちゃおモ新設 ちゃおガールとの差別化はいかに

 ちゃおモもまた、今回から新設された。他の賞と異なり、一次選考合格者の時点で被選考の権利を有し、受賞すると「ちゃおモデル」として、誌面や公式YouTubeチャンネルに出演できるという。一見してグランプリや準グラと変わりないように思えるが、いかに差別化が図られるのだろうか。

ちゃおモは「読者モデル志向層」の受け皿か

 前述の通り、グランプリを受賞すると、ちゃおスマイルズへの加入と、ちゃおガール就任が約束され、(準グラであれチェキ賞であれ)それはアミューズへの所属を前提とする。裏を返せば、この三要件を容認できない場合は、必然的にグランプリへの道は閉ざされる。むしろ、オーディションを受ける理由もない。対してちゃおモは、ひとまずちゃおスマへの加入は約束されていないようである。また、ちゃおガールは、原則として中学3年までをその任期とするが、ちゃおモは不明である。加えて、アミューズに所属するかも不明である。グランプリの特典は確かに魅力的であるが、それは、自由な活動を志向し、純粋に読者モデルをやりたい層にとっては、足かせとなりかねない。そういった層にたいする受け皿として、ちゃおモが新設されたのではないかと考える。オーディション通過者を見ると、過去にちゃお以外のオーディションに参加していた子や、その後他のオーディションに参加したり、他所で芸能活動を行っている子も散見される。ちゃおにこだわらず、読者モデルなどになりたい層が、ちゃおガールオーデに参加していることがわかる。これを踏まえると、この仮説は一定の説得力を持っているといえるのではないか。

「中間発表→アミューズ」に名前が付けられた可能性

 一方で、中間発表に残り、ファイナリストにはなれなかったが、気づいたらアミューズに所属し、ちゃお誌面に登場したりしている子もいる。単にこれに名前が付いた、と考えることもできるかもしれない。いづれにせよ、現時点でその立ち位置について断定することはできない。今後の動向を注視したい。
 
 


スポンサーリンク

ファイナリスト

大方予想通りの結果となった。6年生が多く、最年少が3年生で、やや平均年齢が高い印象。首都圏とそれ以外の地域との比率は半々で例年通り。昨年ファイナリストの24番、49番は残らず。

1 根岸 実花(ねぎし みか)
 小学6年生 群馬県出身
 中間発表6番

いつも楽しくちゃおを読ませてもらっています!
ちゃおの本の中のかわいいちゃおガールに憧れています!
私の特徴と趣味は習い事のチアリーディングです。
イベントなどで仲間と笑顔で人の前で踊ることは
とても楽しいです。性格は明るく穏やかだと思います。
よろしくお願いします!

2 齋藤 里咲(さいとう りさ)
 小学3年生 埼玉県出身
 中間発表8番

しゅみはまんがをかくことで、ちゃおをみていつも
けんきゅうしています。
とくぎは女子も男子もだれとでもなかよくなれること
です。ちゃおガールになっていっぱいかわいいものや
おもしろいものをしょうかいしたいです。

3 石塚 真藍(いしつか まあい)
 小学5年生 千葉県出身
 中間発表10番

 2016 ぷっちぐみ モデルオーディション ハッピーガール賞(『ぷっちぐみ』2016年4月号参照)
 元ぷっちモデル

特技は4才から習っているダンスです。
今は、ジャズダンスとテーマパークダンスを習っています。
しゅみはイラストを書く事です。
ペンタブを使って書いています。
性格は男前とよく言われます。

4 熊井戸 詩(くまいど うた)
 小学5年生 東京都出身
 中間発表19番

 元ジュネス所属
 EVE
 ワールドミュージック

私は歌とダンスを習っています。去年はEVEという
歌唱コンクールのグループ問で全国3位になったり
ワールドミュージックという舞台で主役のハナ役で
出演しました。今年はもっと新しいことにチャレンジ
したくてちゃおガールにおうぼしようと思いました。

5 新田 さくら(にった さくら)
 小学6年生 東京都出身
 中間発表22番

 元ジュネス所属(出演歴等はこちら

いつも明るく元気な小学6年生です!
可愛い雑貨やぬいぐるみ大好きで
たくさん集めています。
習い事はスイミングとピアノとそろばんをています。
将来はみんなが憧れるモデルさんになりたいです。

6 和田 栞奈(わだ かんな)
 小学4年生 神奈川県出身
 中間発表31番

 ※クラージュキッズ所属の子役は別人

趣味は、習字、カラオケ、ダンス。
性格は、誰とでもすぐに仲良くなれます。
明るく、いつも笑顔です。

7 近藤 結良(こんどう ゆら)
 小学6年生 愛知県出身
 中間発表37番

 テアトルアカデミー所属(プロフィール

私のチャームポイントは大きな瞳と
前を向いている大きな耳です。
趣味は御朱印を集めることで、お出かけする時には
その地域の神社やお寺を探してお参りに行っています。

8 福田 心都(ふくだ こまち)
 小学3年生 岡山県出身
 中間発表50番

ニコニコ笑顔で誰とでも仲良くなれます。
ポジティブでおちゃめ、何にでも積極的な姿勢で
今回も挑戦していきたいです。

9 今堀 奏(いまほり かなで)
 小学5年生 福岡県出身
 中間発表53番

 KIDS-TOKEI 7月号表紙(参照

特技はダンスとフラフープを回すことです。
ちゃおが大好きなので
憧れのちゃおガールになりたいです。

10 仲田 志妃(なかだ ゆき)
 小学6年生 沖縄県出身
 中間発表60番

私は、いろいろな事にちょうせんすることが好きです!
たとえば、音楽に興味があったので、歌やダンスを
習ったりしています。沖縄にすんでいるけど根気強く
たくさんのちゃおっ娘を笑顔にしたいです!

 




ちゃおガールにならなかったファイナリストも方々で活躍している。動向を注視してこう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました