サイト移転に伴い一部不具合が生じています。見かけましたらページ下部のフォームよりご報告ください。
スポンサーリンク

【2014】第1期ジュエルナガール【JEWELUNA】

キッズ・ティーンモデル (10)
 ここでは、第1期ジュエルナガールについて解説している。

テスト

スポンサーリンク

前史――「ジュエルナガール」以前

 「ジュエルナガール」が、JEWELUNAのブログ上で公表されたのは、2014年9月25日である(参照)。この時、「鈴木れな」、「小泉かのん」の2人が紹介されている。

 この時点では、「第1期」という表記は用いられていなかったが、彼女らは後に「第1期ジュエルナガール」として紹介されるようになる。

 それ以前にも、JEWELUNAにはモデルが存在していた。JEWELUNAのブログが開設された、2013年3月の時点で、すでに宇田りりか がモデルとして活動していた(参照)。彼女もまた、後に「第1期ジュエルナガール」として紹介されるようになる。

 

「ジュエルナガール」のはじまり

 「ジュエルナガール」の語が、同ブログ上で初めて用いられたのは、2014年7月21日にジュエルナガールの募集に関する告知を行った際である(参照)。

 募集告知を除き、次にこの語が用いられたのは、同年9月9日。ジュエルナガール公表の2週間ほど前のことである。
 この時、宇田りりか が「元祖ジュエルナガール」として紹介されている(参照)。彼女が「ジュエルナガール」として紹介された最初の例である。

 前述の通り、「ジュエルナガール」の語が用いられるようになるのは、14年7月以降であり、それ以前には、「ジュエルナガール」が存在していなかった。

 無論、当時からモデルとして活動していた宇田りりかは「ジュエルナガール」ではなかったわけだが、ここにきて「ジュエルナガール」となる。この時点で、「ジュエルナのモデル」が、「ジュエルナガール」とイコールになったと考えられる。これが、宇田りりかに遡及したのである。

 つまり、宇田りりかは、前述の2人が「ジュエルナガール」になる以前から「ジュエルナガール」だったのである。しかし、どの時点で「ジュエルナガール」に“就任”したかについては議論の余地がるだろう。

 

「第1期」のはじまり

 「第1期」という表記が用いられるようになるのは、「第2期ジュエルナガール」の募集が始まって以降である。

 この時、「第1期」とされたのは、「宇田りりか」、「鈴木れな」、「小泉かのん」の3人である。

 先ほど述べたとおり、宇田りりかと、後の2人については、様々な点で異なっており、同期と考えるべきかはグレーなところがあるが、公式に「第1期」とされている以上、否定はできない。

 つまり、「ジュエルナガール」が1年1期制として制度化される中で、「ジュエルナのモデル」として始まった宇田りりかの、2014年9月以降の活動が、「第1期」の中に組み込まれたのだと考えられる。



スポンサーリンク

宇田りりか(うだりりか)

宇田りりか(うだりりか)
 学年:小6

<解説>
 RONIGIRLS4期生。ほか、キッズブランドのモデルを務める。ジュエルナガール以前からジュエルナのモデルを務めた(前項参照)。

 アメブロ

スポンサーリンク

鈴木伶奈(すずきれな)

鈴木伶奈(すずきれな)
 生年月日:2004年7月7日(小4)

<解説>
・当時
 2011年のぷっちモデルオーディションにて、準グランプリを受賞。2014年8月には、「ALGYご当地モデルオーディション」(→歴代ALGYGIRLS)にて、Lエリアのグランプリを受賞(当時のオーディションについては「【解説】ALGY GIRLS」を参照)。無論、同年9月以降は、ジュエルナガールと兼任することになる。
・その後
 2014年度ナルミヤシンデレラオーディションにて、準グランプリを受賞。2015年より、プチモとして活動。ドラマ・CM等にも出演。

事務所プロフィール
 Twitter
 Instagram

小泉喜愛(こいずみかのん)

小泉喜愛(こいずみかのん)
<解説>
 JSガールに掲載経験あり。

コメント

タイトルとURLをコピーしました